どんな仕事を担当するのか

この記事をシェアする

お客さんの話を聞こう

基本的にキャバクラは、座ったまま接客します。
お客さんの話を聞いて、お酒を飲んで会話を盛り上げてください。
中にはお酒を飲めない人がいるでしょうが、その場合はソフトドリンクを選択できるので安心してください。
またキャバクラといったら夜に営業するイメージが大きいですが、実は昼間に経営するお店も存在します。

夜勤明けの人が癒されにキャバクラを訪れますし、まだ昼間なのでそこではお酒を提供せず、お客さんもソフトドリンクを飲むことが多いです。
全くお酒を飲めない人は、そのようなキャバクラで働くのが向いているかもしれませんね。
キャバクラといっても種類がたくさんあるので、自分に合ったお店を見つけることが稼ぐポイントです。

他の風俗の仕事とは

キャバクラ以外には、デリヘルやソープなどがあります。
結論から言えば、キャバクラよりも給料が高いです。
しかし注意点があるので、安易に働かないでください。
デリヘルやソープの特徴は、お客さんに性的なサービスをすることです。
ですから負担が大きくなりますし、お客さんから性病をもらってしまうケースもあります。
安全とは言えないので、初心者はキャバクラの方が良いでしょう。

またキャバクラと似たような仕事に、ガールズバーがあります。
ガールズバーはテーブルを挟んでお客さんに接するので安全性はより高くなりますが、キャバクラより時給が下がってしまいます。
つまり安全かつたくさん稼げる仕事なら、キャバクラが最も良いと判断できるでしょう。